手話ワールドまとめ

手話・聴覚障害系のまとめブログがないので作ってみました。 どしどしコメント等してくれると嬉しいです。
もし不適切なところなどありましたら、コメント欄等にご連絡ください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    手話・聴覚障害系のまとめブログがないので作ってみました。
    どしどしコメント等してくれると嬉しいです。

    2020年06月

    1: 病弱名無しさん 2019/05/07(火) 19:57:21.59 ID:xqjNMRW90
    モノラルの世界で生きる片耳難聴者のスレ

    ・電車で友達と座るとき、レストランで席につくとき、並んで歩くとき、常に聞こえる側をキープする。
    ・ステレオイヤホンが憎い
    ・音がどちらから聞こえているのかわからない
    ・残っている耳が1つの恐怖
    ・聞こえない方から話掛けられたとき、後ろを振り向く(不信がられる)
    ・携帯がなかなか見つからない
    ・聞こえづらい場合が多く、適当な相槌・愛想笑いが多くなる

    「本当は聞こえてるんでしょ?」って思われると傷つく
    【【親にさえ】片耳難聴【理解されない】 】の続きを読む

    320: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/02/20(水) 22:51:05.54 ID:ujRnmmeb
    なんであんな力任せにエンターキー叩くの?キーボードに親でも殺されたのかねw
    【聴覚障害者はなんであんなに荒っぽくキーボード叩くの?】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/11(月)22:41:28 ID:5LW
    聴覚障害(重度)だけど 質問ありますか?
    【聴覚障害(重度)だけど 質問ある?】の続きを読む

    578: 就職戦線異状名無しさん 2020/02/11(火) 22:29:44.81 ID:OSb66X7h
    公務員は大規模の自治体ならともかく、少規模の自治体は激務度が民間と比較しても低くはないので注意。
    体育会系の人以外も注意。
    研修先でいろいろな自治体の人と交流してたけど、だいたいそんな感じだった。
    あと、上記該当の俺はドロップアウト組。
    【障害者が公務員目指すのってどう?楽でしょ?】の続きを読む

    1: スヌスムムリク ★ 2019/03/10(日) 20:08:08.26 ID:+CQUcqI+9
    スマートフォンの普及に伴いヘッドフォンやイヤホンの使用率が高くなっている昨今、
    イヤホンをしたまま音楽などを聴き眠ってしまう若者たちの間で、翌朝に耳が聞こえなくなるという症状が頻繁に起こっているようだ。
    このことに対して台湾の医師が警告を発している。台湾メディア『爆新聞』をはじめ『Oddity Central』などが伝えた。

    「イヤホンで音楽を聴きながら眠ってしまう人が、翌朝になると耳が聞こえなくなっているという症状に見舞われるケースが多く報告されている。」

    そう話すのは、台湾・台中市にある亜州大学附属病院耳鼻咽喉科のTian Huiji医師だ。

    スマホに接続したヘッドフォンやイヤホンを使用する人の姿を頻繁に見かけるが、彼らはヘッドフォンやイヤホンを使って音楽を聴いたり、電話で会話をしたり、
    また学習のために随時装着している人もいる。中には潜在意識的に外国語を学ぶため、イヤホンから流れ出る音を聞きながら眠る人もいるようだ。
    睡眠学習については科学的証拠があげられていないが、脳が睡眠中でも音を知覚することができることから、睡眠中の学習が可能と信じている人も多いと医師は言う。

    しかしヘッドフォンやイヤホンを使用して睡眠中に音を聞き続けることはあまり良い結果にはならないとして、

    同医師は実際に起こった例を挙げた。

    Tian医師によると、大学2年になる男子学生が片耳が聞こえないと来院してきたという。
    その学生は就寝前にイヤホンで音楽を聴く習慣があったが、ある日イヤホンを耳にしたまま眠ってしまった。
    すると翌朝、片耳が聞こえなくなっていたそうだ。学生は就寝中に片耳からイヤホンが外れてしまっていたため、
    イヤホンをしたままになっていたもう片方の耳だけが影響を受け、難聴になっていたということだ。学生は5日間入院したが、徐々に難聴は回復したと医師は述べている。
    こういったケースがあることから、医師は「似たような症状を抱えている人は、永久的ダメージを避けるためにもすぐに医師の診察を受けるように」とアドバイスし、
    ヘッドフォンやイヤホンの使用は大音量を控えるようにと警告している。

    更に医師は「こうした聴覚障害を患うことなく毎日、日中何時間もイヤホンやヘッドフォンを使用している人は、同じ行為を睡眠中にすると危険が増す」と語る。
    睡眠中は血流が滞るため、体内は十分な血液を供給することができない。
    そのためイヤホンで大音量を聞き続けて耳の有毛細胞が刺激され続けると突然、耳が聞こえなくなる(=難聴になる)という事態に陥ってしまうとのことだ。

    最後に同医師は「パット付きヘッドフォンとイヤーフック型ヘッドフォンは音の一部を消散させることができるためまだ安全ですが、
    イヤホンは耳の外へ音を漏らすことがなくヘッドフォンと比べて危険です。基本的にどんなタイプのイヤホンでも睡眠中の使用は良くないですし、
    起きている時でも50分ごとの使用で耳を10分休憩させるようにしてください」とアドバイスしている。

    ソース:Techinsight (2019.03.10 19:02)
    http://japan.techinsight.jp/2019/03/ellis06090308.html
    【【聴覚障害】イヤホンで音楽を聴きながら就寝、翌朝に片方の耳が聞こえなくなった男性 昨今、若者たちの間で症状が頻繁に】の続きを読む

    1: つんぼ ◆s25lagc3wM 2020/05/10(日) 14:36:16.86 ID:DxKEu7cv0
    やったぜwwwwwww
    高卒の負け組どもザマアミロwwwwwww

    no title


    no title

    no title

    no title
    【【緊急速報】Fラン聴覚障害大学生ワイ、国の給付型奨学金制度で学費が無料になりますwwywwywwywwywwy】の続きを読む

    1: さかい ★ 2020/05/29(金) 21:40:08.59 ID:aV5sF8IE9 BE:656475691-2BP(1000)
    2020年5月29日 19時37分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200529/k10012451041000.html

    新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が広がる一方、聴覚に障害がある人にとっては相手の口元の動きが見えず、コミュニケーションが取りにくいとして帯広市の障害福祉課では職員が透明なマスクを着用して業務を行っています。

    このマスクは市販品で北海道ろうあ連盟から今週、15セット寄付されました。

    聴覚に障害がある人にとって意思疎通には相手の表情や口元の動きが重要な情報となることから寄付されたマスクは口の周辺が透明で動きがよくわかるようになっています。

    29日はこのマスクを使って障害福祉課で帯広ろう者協会と打合せが行われました。

    小中学校で手話講座を行う際に一般のマスクでは口元の動きが表現しにくいとしてどのように講座を行うか話し合いました。

    帯広ろう者協会の丸山清美さんは「スーパーにいったときにレジの店員が一般のマスクをしていると話がわからず何を聞かれているかわからないこともあります」と話していました。

    また、こうした透明なマスクがない場合の意思疎通について手話通訳の曽我紀子さんは「伝えようという気持ちが一番大切です。従来のマスクでも目の動きで笑顔を作ったり眉毛で疑問の表情をしたり、体の動きを大きくして伝えれば聴覚障害者に気持ちは伝わると思います」と話していました。
    【【北海道】帯広市の障害福祉課職員が透明なマスク着用、聴覚障害者へ配慮 ろうあ連盟から15セット寄付 [さかい★]】の続きを読む

    このページのトップヘ