手話ワールドまとめ

手話・聴覚障害系のまとめブログがないので作ってみました。 どしどしコメント等してくれると嬉しいです。
もし不適切なところなどありましたら、コメント欄等にご連絡ください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    手話・聴覚障害系のまとめブログがないので作ってみました。
    どしどしコメント等してくれると嬉しいです。

    カテゴリ:障害者 > 音声認識

    1: みつを ★ 2019/09/14(土) 00:16:51.04 ID:0HWFQOZx9
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1909/13/news122.html

    2019年9月13日
    何回聴いても分からねえ! 吉幾三、“オール津軽弁”の新方言ラップ「TSUGARU」が最高にハイってやつだァァァ
    早く標準語訳見たい。
    [深戸進路,ねとらぼ]

     歌手の吉幾三さんが9月12日、新方言ラップ「TSUGARU」を配信限定でリリース。全てのリリックが津軽弁で紡がれており、YouTubeではミュージックビデオ(MV)も公開されています。何言ってるか分からないけど、聴き心地はめちゃくちゃいい。

     日本語ラップの元祖ともいわれる「俺ら東京さ行ぐだ」(1984年)で知られる吉さん。35年の時を経てリリースされた新方言ラップ「TSUGARU」は、現在も津軽で暮らす吉さんが全リリックを津軽弁で書き上げており、もはや洋楽よりも歌詞の理解が難しい楽曲に。配信に際して吉さんのコメント動画も公開され、「みなさんには意味分かりません。津軽に住んでる人でも年配の人しか分からない」と断言しています。

     猛暑の青森県で撮影されたというMVでは、ラスタカラーの衣装に身を包んだ吉さんが不思議と耳に残る津軽弁ラップを披露。丁寧に字幕が付けられていますが、解読不能の平仮名が並んでいるようにしか見えず、YouTubeの自動字幕を試してみても「おめだの横バドせラバーを等への力ばば去年だねぇ」など謎の言語を吐き出すばかりです。音声認識に津軽弁は早すぎたか。
    (リンク先に続きあり)

    no title

    動画
    https://youtu.be/UVAWjRnMQfM

    【【何回聴いても分からねえ!】吉幾三、“オール津軽弁”の新方言ラップ「TSUGARU」音声認識に津軽弁は早すぎたか 】の続きを読む

    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/10/19(金) 05:20:41.01 ID:CAP_USER9
     「音声入力は楽だが、人前で話すのは恥ずかしいし聞かれたくない」――こんな問題を解決してくれるかもしれない、新しい音声認識技術を米Microsoft Researchが10月5日(現地時間)に発表した。ひそひそ声よりも小さな声での音声認識を可能にする。

     「サイレントボイス」と名付けられたこの技術は、一般的な「息を吐いての発声」ではなく、「息を吸っての発声」から音声を認識する。

     通常の発声では声帯を震わせて空気を振動させ、声道や鼻腔などで共鳴して声になる。ひそひそ声も声帯こそ震わせないが、声帯の狭い隙間を通る際にノイズ音を発生させ、通常の声と同様の経路を通って声となる。

     一方の息を吸う「サイレントボイス」では、マイク付きのプレートを唇に当てることで、唇とプレートの間の狭い隙間から息を吸う際に発生するひそひそ声のような音を認識する。

     サイレントボイスの利点は大きく2点。息を吐く発声と違い、ポップノイズ(マイクに息や風が当たって発生する雑音)が発生せず、口のごく近くにマイクを置けるため高いS/N比を実現できることと、空気流を検出するだけで、通常の発声なのか息を吸う発声なのかを簡単に判断できるということだ。

     サイレントボイスを開発した研究者の福本雅朗さんは、指にはめるリング状のデバイスや、スマートウォッチ、インプラントの前歯などにこの技術を適用することで、周囲に不審感を与えない、ほぼ無音の音声認識操作が可能になるとしている。



    ITmedia 2018年10月18日 20時01分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/18/news118.html
    【【息を吸っての発声】ほぼ無音の「吸った声」で音声認識 マイクロソフト研究 】の続きを読む

    1: 名無しさん@そうだ選挙にいこう 2007/12/29(土) 21:45:01
    1 :名無しさん@1周年:2000/10/25(水) 04:41
    音声認識ソフトを使っていると、いらいらして、発狂しそうになります。
    これを使いこなすには、どうすればいいのですか?

    【昔の音声認識ソフト】の続きを読む

    このページのトップヘ